文字サイズ 標準 拡大
MENU

連携登録医について

かかりつけ医を持ちましょう

かかりつけ医イメージ

「かかりつけ医」とは、患者さまやご家族の健康を把握し、風邪などの日常的な病気にかかったときに気軽に診てもらえる、地域の医院・診療所の先生のことです。

当院のような「急性期病院」では、入院治療や専門的な検査、手術を主に行うため、予約・紹介状のない患者さまには長時間待っていただくことがあります。

病気の相談や予防医療等、身近な診療を行ってもらえる「かかりつけ医」をお近くにお持ちください。

かかりつけ医を持つメリット

  • 比較的待ち時間が短く、受診の手続きも簡単
  • 日々の健康管理のアドバイス、相談などを気軽に行ってもらえる
  • 入院や検査が必要な場合、専門の病院を速やかに紹介してもらえる
  • 長く付き合うことで、ご自身・ご家族の病気の早期発見や予防につながる

安心の医療連携

当院では、地域のかかりつけ医の先生方と連携して、役割分担を行っています。

患者さまの容態に応じて、かかりつけ医が当院のような専門的な病院を紹介し、検査や入院など適切な治療を受けていただきます。また、病状が安定すれば、再びかかりつけ医の元へ戻っていただきます。当院とかかりつけ医の間では、患者さまの情報を共有しており、常に安心して受診していただけます。

かかりつけ医イメージ

紹介状持参で安心

紹介状(診療情報提供書)には、患者さまのこれまでの病状、診療経過が記されています。当院に来られる際には、かかりつけ医の先生から紹介状を書いていただくことで、よりスムーズに受診できます。

紹介状持参のメリット

  • 当院の医師が、患者の症状を迅速に把握できる
  • 検査結果も含まれているため、当院で受ける検査の重複が少なくなる
  • 初診時の選定療養費(特定療養費)が不要になる
    (※初診時の選定療養費・・・他の医療機関からの紹介状なしに初診で受診された場合(救急患者等は除く)、初診料とは別にお支払いいただく費用)

ご協力とお願い

橋本市民病院は、地域の中核病院として、高度・専門的な医療や急性期医療を担っているため「かかりつけ医」になることはできません。 もちろん、急に具合が悪くなったときなどは、いつでもご相談ください。

ぜひ、普段の診療は「かかりつけ医」で受けましょう。

「かかりつけ医」をお持ちでない方は、当院1階の「地域医療連携室」にお気軽にご相談ください。患者さまのご住所などに応じてお探しすることができます。

患者の皆さまへ
診療時間
診療科
外来受診について
外来担当表
入院のご案内
お産のご案内
連携登録医について
後発医薬品について
健診センターのご案内
橋本市民病院健康セミナー
はしもと市民病院だより
橋本市訪問看護ステーション
はしもとCaféミーティング
宗教上の理由等で輸血を拒否される方へ
救急受診患者さんへのお願い
もしものときのために
ページ上部へ