文字サイズ 標準 拡大
MENU

宗教上の理由等で輸血を拒否される方へ

当院では宗教上の理由等による輸血拒否に対し、「相対的無輸血 ※1」の方針に基づき、以下のごとく対応いたします。

  1. 橋本市民病院では、患者さんの生命を救うため、輸血を含むあらゆる手段を講じて医療を行います。
  2. 自己決定が可能な患者さん、ご家族または代理人に対しては、当院の方針を十分に説明し理解を得る努力をしますが、どうしても同意が得られず、治療に時間的余裕がある場合は、他医療機関での治療をお勧めする場合があります。
  3. 当院では、すべての患者さんに対して、安易な輸血は行っておりません。
    また、患者さんやご家族が宗教上の理由などで輸血治療を拒否されることも個人の権利として尊重し、輸血以外の治療方針の提供にも努力いたします。
    しかしながら、輸血治療が患者さんの生命を救う不可欠の手段であると判断した場合、かつ、時間的余裕がないと判断した場合には、輸血を行う場合もあります。

※1 相対的無輸血
患者の意思を尊重して可能な限り無輸血治療に努力するが、「輸血以外に救命手段がない」事態に至ったときには輸血をするという立場・考え方。

患者の皆さまへ
診療時間
診療科
外来受診について
外来担当表
入院のご案内
お産のご案内
がん診療について
連携登録医について
後発医薬品について
健診センターのご案内
橋本市民病院健康セミナー
はしもと市民病院だより
橋本市訪問看護ステーション
はしもとCaféミーティング
宗教上の理由等で輸血を拒否される方へ
救急受診患者さんへのお願い
もしものときのために
CREの検出について
ページ上部へ