文字サイズ 標準 拡大
MENU

地域医療連携室・がん相談支援室

当院の地域医療連携室・がん相談支援室は、地域の中核となる病院として、患者さまのかかりつけ医の先生方、地域の病院の先生方と連携を深め、患者さまにとって最良の医療を提供するための窓口として活動を行っています。

また、「がん」に対する患者さまのさまざまな不安・疑問に対応するため、医師や看護師、地域医療連携室・がん相談支援室スタッフが患者さまのご相談をお受けします。

ごあいさつ

地域医療連携室・がん相談支援室

地域の先生方には、平素は何かとご協力を賜り心から感謝申し上げます。また、日頃より患者さまのご紹介を賜り、重ねてお礼申し上げます。

日本の医療は現在大きな変革期であります。医療機関の分化がより進行し、軽症の患者さまや、病状の安定した患者さまは、診療所・クリニックの先生方がホームドクターとして継続的に治療を行い、必要により診断、診療のために大規模病院を利用する、継続的、効果的、効率的な体制を地域全体で作る必要があり、従来の病院完結型医療から地域完結型医療へ確実にその姿を変貌させています。
そのため当院では平成14年4月より「地域医療連携室」を設置し、現在は地域医療部長(医師2名兼務)、社会福祉士3名、専任事務員2名にて地域の開業医の先生方や地域の医療機関との連携を深め、ご紹介頂きました患者さまが、安心して診療、検査、入院などが行えるように、患者さまの診療結果や検査結果などの情報発信・交換を確実に、迅速に行い、治療後は患者さまを紹介元の先生方へお返し出来るよう心がけています。

ご紹介患者さまの診察につきましては、FAX等による事前予約の受付を行っております。事前にご紹介していただいた患者さまに、受付手続きの簡略化をはかり、様々な待ち時間の短縮を行って、患者さまへのサービスの向上を図っております。当室を経由してご紹介いただきました患者さまには、出来るだけスムーズに受診して頂けますように努力しておりますので、ぜひご利用ください。

また当院は平成19年1月からがん診療連携拠点病院の指定を受けており、がん診療の地域格差を無くし、質の高いがん医療を提供するために、地域におけるがん診療連携を推進するための中核病院となっております。
その一環として地域医療連携室の中に相談支援センター窓口の設置に伴い、その名称を「地域医療連携室・がん相談支援室」とし、地域にお住まいのがん患者さま、がん患者さまのご家族のみならず、どんな方々も対象に、専門の相談員が様々な相談に応じています。
専門の相談員(医療ソーシャルワーカー等)がお話を伺い、内容に応じて当院の医師、看護師、薬剤師、などと協力しながら、課題解決のためのお手伝いをさせて頂いております。

患者さまが受診しやすい病院、地域の開業医の先生方が紹介しやすい病院、そして全ての方々から満足して頂ける病院であることを目指し、スタッフ一丸となり今後も活動を進めていく考えであります。

今後とも先生方のご意見・ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

平成24年7月1日
地域医療連携室・がん相談支援室室長

活動内容

医療・福祉に関する相談と支援

  • 入院、退院、転院に関する相談の受付
  • 外来受診に関する相談の受付
  • 医療費等、経済的な相談の受付
  • 在宅療養に関する生活相談の受付
  • 介護に関する相談の受付
  • 紹介患者さまの受診報告書、経過報告書のFAX対応
  • 地域の医療機関の先生方からの依頼による、患者さまの診察予約
  • その他、医療・福祉に関するご相談の受付

がんに関する相談と支援

  • がんに関する一般的な医療情報の提供
  • がん診療・看護・薬剤相談・セカンドオピニオンに関する相談の受付
  • 緩和医療・緩和ケアに関する相談の受付
  • がんの予防に関するご相談の受付

その他の活動内容

  • 地域ケア会議への参加
  • 地域医療連携室に関わりのある委員会への参加
  • 広報活動(他医療機関・各事業所訪問)
  • 研修会への参加
  • 地域医療連携室だよりの作成(院内・院外)
医療関係の皆さまへ
地域医療連携室・がん相談支援室
初診紹介予約について
がん診療について
地域ネットワーク会議シンポジウム
ページ上部へ