文字サイズ 標準 拡大
MENU

がん診療連携拠点病院

がん診療連携拠点病院の指定について

当院は、平成19年1月31日付で、厚生労働大臣より 「地域がん診療連携拠点病院」に指定されました。

厚生労働省は、「第3次対がん10か年総合戦略」において、全国どこでも質の高いがん医療を受けることができるよう、がん医療の均てん化(各人が平等に利益を得る)を図ることを戦略目標に掲げ、地域における連携を図りつつ、質の高いがん医療をうけることができる体制を確保するために「地域がん診療連携拠点病院」の設置を進めてきました。

がん診療連携拠点病院としての活動

当院は、がん診療において以下の点に注力して最善の治療ができるように努めています。

  • 複数領域の専門医の連携
  • 地域の医療機関との連携
  • 講演会・ホームページなどによる積極的な情報公開

複数領域の専門医の連携

がんの治療法は手術、化学療法、放射線治療などさまざまな方法があります。

当院ではキャンサーボードを開催して、当院の複数領域の専門科がよく相談検討し、患者さまの状態に応じた適切な治療を提供できるよう努めております。

地域の医療機関との連携

医療が進歩して、がんの治療法もさまざまなものが生まれ、それによってさまざまな治療法を組み合わせたり、選択したりすることができるようになりました。しかし、医師によって治療方法や治療方針において考え方の差が生じることがあります。

当院では、セカンドオピニオンの体制を整え、患者さまが主治医以外の医師の意見を取り入れ、最善と考えられる治療法を判断できるよう努めています。

講演会・ホームページなどによる積極的な情報公開

当院では、「市民のための健康セミナー」や「市民公開講座」を定期的に開催して、市民の方に正しい病気の知識を知ってもらうための機会を積極的に設けています。

関連ページ

医療関係の皆さまへ
地域医療連携室・がん相談支援室
初診紹介予約について
がん診療について
地域ネットワーク会議シンポジウム
ページ上部へ