文字サイズ 標準 拡大
MENU

病院長ごあいさつ

ごあいさつ

嶋田 浩介

平成27年4月橋本市民病院院長を拝命し、1年半が経過しました。

橋本市民病院は、人口9万3千人の和歌山県北東部の二次医療圏にある中核病院として、地域がん診療連携拠点病院、地域災害拠点病院、へき地医療拠点病院としての指定を受け、地域住民のため、伊都医師会の先生方をはじめ、地域の医療機関や介護施設等との連携を密にし、引き続き地域になくてはならない病院として発展していかなければと考えています。

28年度の年間目標として「選ばれる病院を目指す」という大きな標語を掲げました。まずは地域の住民の方々から信頼できる病院として選ばれることは言うまでもなく、近隣の医師会ならびに医療介護施設の方から、そして病院職員からも働きやすく、誇りの持てる職場として選ばれるということを目標にしました。そのためにいくつかの達成目標を作成しました。①医療の質と安全の向上 ②患者さんの信頼と満足の向上 ③地域医療機関の信頼と満足の向上 ④救急医療の充実 ⑤職員が誇りの持てる職場作り という5個の項目を挙げました。具体的には日々進歩する医療に合わせて高い医療を提供するための日々の努力、研修会や学会出席による最新知識や技術の導入。医療安全体制の強化。患者サービス向上ワーキングや患者クレーム対応ワーキングの立ち上げによる、患者様の満足度の向上。地域連携室の前方連携部門による周辺医療機関への医師をはじめとする病院機能情報の提供、症例検討会の実施などによる関係強化。平日日勤帯、救急医2名体制による救急医療応需体制の強化。院内での職場作りワーキングによる職員からの意見聴取と人事考課制度の導入などをすでに導入し、成果をあげつつあります。

団塊の世代が後期高齢者となる2025年問題への対応として、今後は地域医療構想を踏まえ、橋本市民病院としても、新たな病院改革プランを策定し、安定した病院経営のもと、安心のできる医療提供体制を整えてまいります。また、救急医療にも力を入れ、「断らない救急」をモットーに地域の皆さまが安心して暮らせるように救急体制を充実させたいと考え、良質な医療を提供できるよう今後とも研鑽努力して参りますので、皆さまのご支援、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

橋本市民病院 院長 嶋田 浩介

病院のご紹介
管理者ごあいさつ
病院長ごあいさつ
病院情報
理念・方針
医師一覧
看護部
コメディカル
施設のご案内
統計情報・診療実績
経営計画
災害拠点病院としての活動
市民モニター会議
ページ上部へ